自閉症の人の認知発達を促すTEACCHプログラム

2015年6月10日  発達障害

すっかり梅雨の時期となりましたが、みなさんはいかがお過ごしですか?

勉強方法研究チームの古賀です。

突然ですが、みなさんはTEACCHプログラムってご存じですか?自閉症等のコミュニケーションに障害を抱える人が普通に生活できるように手助けするものなのですが、一体どんなものなのか調べてみました。

benkyoukai_kunrenkou

TEACCHプログラムとは

自閉症健康ガイドというサイトではこのように書かれています。

TEACCHとは、「米ノースカロライナ州で実施されている、自閉症等コミュニケーションに障害のある子供達やその家族への包括的対策プログラム」の名称です。
個別教育計画(IEP)を作成し、「構造化された環境で認知発達を促す訓練をする」というコンセプトにしたがって行われています。ノースカロライナでは、このプログラムの効果で95%以上の人が地域社会の中で暮らすことに成功しています。

TEACCHプログラムの概要 | 自閉症ガイドより引用

サイトによっては、99%の人が地域社会の中で暮らすことに成功していると書いてありました。しかし、すごい割合ですね。それだけ効果があるということなのでしょうか。

TEACCHプログラムの基本理念

ノースカロライナ州では、このような理念に沿ってプログラムが進んでいるようです。

  • ・自閉症児・者が施設で生活するのではなく、それぞれの地域社会のなかで自立した生活を営むことができるようにする。
  • ・TEACCHプログラムは、不適切行動に焦点をあてるというより、適切な技能を発達させることを強調している。
  • ・自閉症の人自身の適応力を高めると同時に自閉症の人にとって理解しやすい環境を操作する(構造化)とゆう2つの方向からのアプローチの相互性を重視している。

TEACCHプログラムの概要 | 自閉症ガイドより引用

自閉症の人自身で出来ることを増やしていき、自閉症の人にも暮らしやすい環境を整えてるのと同時に、自立を目指していくのがTEACCHプロジェクトということですね。

この理念の他にも、いくつかの原則があるようです。

TEACCHプログラムの7つの原則

TEACCHプログラム進めるうえで、以下の原則を必ず守る必要があります。

  • ・自閉症の特性を理論よりも実際の子供の観察から理解する
  • ・子どもに新たなスキルと教えることと、子どもの弱点を補うように環境を変えることで子どもの適応能力を向上させる
  • ・個別の教育プログラムを作成するために正確に評価する
  • ・構造化された教育を行う
  • ・認知理論と行動理論を重視する
  • ・現在のスキルを強調するとともに弱点を認める
  • ・生涯にわたるコミュニティに基盤をおいた援助

日本におけるTEACCHの再評価|よこはま発達クリニックより引用

以上が守るべき原則になるのですが、この「構造化された教育」とは一体なんだと思いますか?ぱっと聞いただけでは分からないかもしれませんが、以下のようなことを指します。

構造化された教育とは

構造化された教育とは、「いつ」「どこで」「なにを」「どのような方法で」「どうなったら終わりなのか」「終わったら次はなにがあるか」などを視覚的、またはわかりやすく伝え、「やりやすい状態」を作ることを言います。

具体的には、以下のようなことをします。
○物理的構造化
本棚や机など、何をするべきかをわかるように配置する。
○視覚的な構成
色や絵、または文字による指示で、自分で判断ができるようにする。
○スケジュールの構造化
どのようなタイムテーブルで進むのか予告・見えるようにする。個人レベルでスケジュールを組む。
○人員の構造的配置
学校などの場合、教員が適切な位置にいること。それにより、課題へのやる気や適切な反応を引き出してあげる。
○データを取る
これまでの条件を正確にするには、正確なデータを取る必要がある。(特にスケジュール)

このように、やってほしいことがわかるようにすることで、自閉症の人が自分で判断をすることができ、スケジュールも把握できるので、不安にならずに済むのですね。

まとめ

TEACCHに対して「操り人形のようだ」と批判的な人も居るようですが、お年寄りでいうバリアフリーという感覚で見ていけば良いのではないかと考えています。私達も駅のホームにある電光掲示板や、銀行などにある番号札を発券する機械を利用しますよね。それも程度は違えど、TEACCHと同じ原理だと言えるのではないでしょうか。あと何分で電車が来るのか、あと何人で自分の番が来るのか、これも立派な構造化だと思います。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    01_1006087

    こうくん(中3)
    ご利用プラン:週1回120分プラン

    勉強って楽しいんだな!先生と一緒に高校受験を頑張りたいって思えるようになった!
    母:塾に行っていたんですけど、2対1でも全然成績が上がらなかったし、先生からも...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中3)
    ご利用プラン:週1回120分プラン

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
3351

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ19年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ