ひきこもり経験者が講師!当事者の声が誤解を解く ひきこもり大学

2015年11月11日  不登校
figure_zasetsu-300x300

こんにちは!勉強方法研究チームのまさかです。

タイトルを見て「どんな大学なんだろう」と思った方、多いのではないでしょうか。

ひきこもり大学という学校があるわけではありません。

注目すべきところは名前ではなく、講師が全て「ひきこもり経験者」ということです。

ひきこもり大学とは

figure_question-219x300

ひきこもり大学とは、ひきこもりの経験者や、現在もひきこもっている当事者が講師となり、自身の経験を元に講義をする形式の交流会です。

「空白の期間」などとネガティブに受け止められがちな「ひきこもり」という状態像ですが、当事者ならではの捉え方を共有することを通じて、ひきこもり期間を通じて得たものへの価値を見出し、様々なネガティブな誤解を解いていくことを目的としています。

ひきこもり大学 | オフィシャルサイトより引用

ひきこもりに対しては、多くの偏見があります。

そういった偏見から、ひきこもりの人たちのことを「怠けているだけ」「逃げているだけ」と非難する人も居ます。しかし、実際には「怠けてたり」「逃げたり」しているわけではないことがほとんどです。何らかの病気や発達障害、家庭環境など本人だけに原因があるわけではないケースが多々あります。

「自分たちのことを伝えたい」と思うひきこもりの人たちが「ひきこもりが問題でない社会の実現」を掲げ、こうしたネガティブな誤解を解くことを目的に、ひきこもり大学の構想が生まれました。

当事者以外の人にとって、ひきこもっている人と話す機会なんてありませんし、このような場所に足を運ばない限り、当事者の意見を聞けることはないでしょう。

ひきこもり大学の講義は「ひきこもりに関心がある人」であれば誰でも受けることができ、そうした人たちと当事者たちが触れ合う良い場になっています。

参加者の中には講義の内容に刺激を受け、「自分もやってみたい」と思い、実際に講師として講義をする人も出てきています。

では、ひきこもり大学を主催したいと思った場合、どうすればいいのでしょうか。

講義をするにはたった1つだけ条件があるのです。

誰でも講義を主催することが可能です

講義はひきこもり当事者、またはひきこもり経験者であれば誰でも主催することができるのです。

開催する際に、運営事務局に許可を取る必要などはありません。それもあってか、全国各地で開催されており、今までにどれだけ行われていたのか、運営事務局でも把握しきれていないそうです。

どなたでも主催できるのがひきこもり大学です。

実際に、各地で各々が開催しており、過去にどれくらいの数の「ひきこもり大学」が実施されたのか、運営事務局でも把握しきれていません。ひきこもり大学は、「私もやりたい!」と当事者が手を挙げてからそれぞれの企画がスタートしますので、多くは単発か不定期での開催です

ひきこもり大学 | オフィシャルサイトより引用

ひきこもり大学は2013年9月にスタートし、当初は非公開での開催となっていました。現在ではNPO法人全国引きこもりKHJ親の会による「ひきこもり大学 KHJ全国キャラバン2015」が行われており、文字通り全国でひきこもり大学が開催されています。

東海地方でも愛知と岐阜・三重で開催されており、今年の5月から6月下旬にかけて行われていました。

規約のような「縛り」が殆ど存在しないことから気軽に参加することができ、全国的にも広がりを見せつつあるひきこもり大学ですが、実際にはどのような内容なのでしょうか。

ひきこもり大学には3つの特徴があります。

こんな特徴があります

テーマや学部・学科名を自由に決めることができる

1つめの特徴は講師の人がテーマや学部名・学科名など、講義に関して自由に決めることができる点です。用意されているテーマは無く、講師自身が1から考え、講義を作っていきます。

そのため、学部や学科名にはそれぞれの個性や心情がよく現れています。

受講料の額が決まっていない

2つめの特徴は受講料の額が決まっていないところです。

受講者は、当事者たちが「やってみよう」と計画を立て、実際に講師として講義をするところまでのすべてを評価し、「投げ銭」で講師に寄付をします。

運営事務局としては講師の交通費などに充てること目的としているので、少額で寄付されることが多いです。講義の内容に応じて、多く寄付する受講者も居ます。

講義の形式を自由に決めることができる

3つめの特徴は講義の形式が決まっていないということです。セミナーやグループトークなどの一般的な形式が多いようですが、「講義」という形に囚われない自由なものもあります。

「ひきこもりについての講義」と聞くと、イメージ的にも、もっと硬そうなものを想像してしまうかと思います。私自身、公式サイトをちゃんと見るまではそう思っていました。

しかし、実際はそんなことはなく、過去には「生きていたいと思うようになりたい学科」や「弱さでつながる学科」「違っていてもいいんだよね学科」など、ユニークな講義も開催されていました。

形式も音楽ライブやキャンプファイヤーなど、様々な形で行えるからこそ、それぞれの能力が活かされるのではないしょうか。

さいごに

figure_ta-da-267x300

「行き場のない苦しみが、こういう形で役に立つとは思わなかった」

東京)「ひきこもり大学」 経験者が講師、あす交流会:朝日新聞デジタルより引用

ひきこもりの当事者たちは、自分がひきこもっていることをとても気にしています。そして、社会的な役割を果たすことができずに生きていることを悩み、自分を責めてしまいがちです。自分と同世代の人たちと、自分を比べて劣等感を感じたり、周りの人の視線が気になってしまったり、様々な要因が重なって、外に出ることができなくなってしまうのです。

ひきこもっている期間が長ければ長いほど、社会との溝は深まり、余計に出づらくなってしまいます。

しかし、今回の「ひきこもり大学」のように、自らの経験に価値を見出すことができる場所への参加などをきっかけにできれば、ひきこもりからの回復も近づくのではないでしょうか。

簡単なことではないと思いますが、「ひきこもっていた事実」を肯定できる場所は、当事者にとって、とても心強い存在となります。

ひきこもりの人たちが「外に出るきっかけ」として、このような試みが広ろがっていってほしいと思います。

あすなろのサポート体制

お子さんがひきこもりから不登校になってしまったら…。
あすなろでは不登校のお子さんの学習サポートのご用意をしております。また、不登校についての記事を定期的に発信しておりますので、ぜひご一読ください。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    01_1006087

    こうくん(中3)
    ご利用プラン:週1回120分プラン

    勉強って楽しいんだな!先生と一緒に高校受験を頑張りたいって思えるようになった!
    母:塾に行っていたんですけど、2対1でも全然成績が上がらなかったし、先生からも...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中3)
    ご利用プラン:週1回120分プラン

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
3351

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ19年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ