道徳が教科化へ 道徳教育の整備に2億円の予算

2016年1月13日  不登校
tsugaku_syougakusei

月も中盤に差し掛かりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

暖冬とはいえ、寒い日が続きますね。勉強方法研究チームの古賀です。

さて、タイトルを見て「道徳って教科じゃないの?」と思った方もいるかもしれません。

実は、道徳って正式な教科ではなかったのです。

現在、政府は道徳の教科化を進めています。なぜ教科になるのでしょうか。

なぜ教科になるのか なぜ今なのか

mark_question

政府は道徳を教科化することにより、いじめ対策や道徳を尊重する心を育むなど、様々な効果を期待しています。

文部科学省予算案では、道徳の教科化に向けて教育内容の充実を図る新規事業として、効果的な指導方法などに関する映像資料の作成や各学校が取り組んでいる先進事例を収集・発信するアーカイブ整備に2億円を盛り込んだ。

28年度文科省予算 道徳教育の新規事業に2億円、いじめ・不登校対策強化:産経ニュースより引用

子供の関わる大きな事件が起こる度、道徳教育は問題視されてきました。

いじめや少年犯罪が多発し、心の教育の重要性が再認識されてきたのです。

現在、道徳の授業は週1回で、内容も不十分な学校が多いと言われています。そのため、政府は教科書検定基準(政府の定めた教科書を作る上での基準)を示しました。

文部科学省は27日、「特別な教科」として格上げする小中学校の道徳について新たな学習指導要領を告示した。今夏をメドに、教科書作成の指針となる指導要領の解説と教科書検定基準を示す。

教科書に基づく授業が行われるのは小学校が2018年度、中学校は19年度から。

道徳「教科化」を告示 文科省:日本経済新聞より引用

教科書を使った授業は小学生が2018年、中学生は2019年からと書いてありますが、新指導要領を使った授業は既にできるようで、各校の判断に任せている状態です。

心の教育をするうえで、物事を議論し、深く考える道徳は効果的なのかもしれません。

しかし、この流れに懐疑的な人たちも居ます。

教科化に反対の意見も

同省が2~3月に実施したパブリックコメント(意見公募)では5993件の意見が寄せられた。「道徳を教科化して人間としての生き方を学ぶことが必要」など賛成の声がある一方、「一定の価値観や規範意識の押しつけにつながることが危惧される」といった反対意見もあった。

道徳「教科化」を告示 文科省:日本経済新聞より引用

今まで基準がなかったからこそ、「価値観の押し付け」にならなかったのかもしれません。

政府の定めた基準を満たした教科書を使うことが、その「押し付け」になるのではないかという恐れがあります。しかし、政府としてもそれを危惧しており、事前に考えたうえで検定基準を作成しています。

改定された検定基準では、多様な見方のできる事柄を教材に取り上げる場合、イデオロギー的な記述が入り込む余地がないよう、特定の見方に偏らない公正さを確保することを強調。子供の心身の成長段階に応じて「多面的・多角的に考えられるよう適切な配慮」も求めた。

道徳の教科書検定基準を告示 文科省、30日付官報で:産経ニュースより引用

配慮して作られた基準とはいえ、まだまだ不安が残ります。

心の教育はとてもデリケートな問題です。全国的に行われるこの取組が、もしも間違ったものだったら……とは考えたくはないですね。

実施されるギリギリまで議論を重ねて欲しいと思いました。今後も目を離せない施策です。

さいごに

近年、不登校児は増加の傾向にあり、その原因の中にはいじめも含まれています。

道徳が教育化することでいじめが少しでもなくなれば、不登校になるお子さんが減るのではないでしょうか。もちろん、いじめだけが不登校の原因ではありません。様々な事が引き金になり、不登校は始まります。お子さんに良かれと思ってしたことが、かえって状況を悪化させてしまうことも少なくありません。

あすなろでは、「ひきこもり支援相談士」という資格を取得したスタッフが在籍しています。

不登校になってしまったお子さんにどう接すればいいのか、どうすれば改善していけるのかをアドバイスすることが可能です。

もし、少しでも気になりましたら、すぐ下にある無料体験のボタンからお問い合わせください。

あすなろのサポート体制

あすなろは不登校のお子さんを持ったご家庭の力になりたいと考えています。サポートのご用意をしておりますのでぜひご一読下さい。また、不登校についてブログ記事を定期的に発信しております。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ