発達障害のお子さんの褒め方・叱り方

2016年9月1日  発達障害
boy_02こんにちは。勉強方法研究チームの花木です。
今日から9月ですね。
朝晩が少しずつ涼しくなったりと秋の気配がちらほらしてきました。
寒暖の差が激しくなってくるので、体調管理には気を付けましょう。

今日は発達障害を持つお子さんへの「褒め方・叱り方」について考えていきたいと思います。

発達障害とは

まずはじめに、発達障害とはどのようなものなのかを説明していきます。

発達障害とは脳の機能の発達が関係する、生まれつきの障害です。
発達障害を持つお子さんは、コミュニケーションを取ったり対人関係を作ることが苦手です。しかし、好きなことや得意なことに関しては知識が豊富であったり、一生懸命取り組んだりする一面も持っています。
発達障害には様々な種類があり、複数の障害を同時に持つこともあります。
また症状の出方は年齢や障害の程度、生活環境によっても異なります。
そんな発達障害を持つお子さんに対し、叱ったり褒めたりする際はどのように接していけば良いのでしょうか。

発達障害のお子さんの褒め方

まずは褒め方です。

kosodate_nadenade_boyお子さんができたことや頑張ったことを具体的な言葉で表現し、お子さんにしっかり伝えます。
また、以前は出来なかったことが出来るようになったら、頑張りをしっかりと評価してあげることが大切です。
そして褒めるときにはお子さんの近くへ行き、頭を撫でたり抱き締めながら褒めることも、効果のある褒め方の一つです。

特に出来ているときにはくり返して褒めることで、お子さん自身が「自分は出来ているんだ!」と気付くことが出来、自信を持つことにつながります。

しかし、褒めるときには注意点があります。
発達障害の中でも、特に自閉症をもつお子さんは大きな音に敏感です。大きな声で褒めるとお子さんが驚いてしまうことがあるのです。そのため、ゆっくり優しく声をかけることがポイントとなります。
また褒めた後にアドバイスをするときには、否定的な接続後は使わず、どんないいことがあるのか、を具体的に伝えることが大切です。

発達障害のお子さんの叱り方

次に叱り方を考えていきたいと思います。

発達障害を持つお子さんは善悪の区別がしっかり出来ないために、してはいけないことをしてしまったり、それを繰り返したりしてしまうのです。
叱るときには、お子さんの目を見ながら短く分かりやすい言葉で叱ることが必要です。
このときに大切なことは、お子さん自身がなぜ叱られているのかを理解出来るように叱ることです。いきなり叱ることは、なぜ叱られたのかわからないままで、叱る立場の人を恐れてしまうことにつながります。
特にそれが親御さんである場合は、一番信頼できる存在への安心感を失ってしまったり、拒否してしまうことにつながります。このような事態を避けるためにも、お子さんが「なぜ叱られているのか」ということを納得出来るように叱ることが大切です。
もし言葉だけでは理解出来ない場合には、絵を描いて叱ることも叱り方の一つの方法です。

shitsukeもう一つの方法としては、してはいけないことに対して無視する、という方法があります。効果が現れるまでに時間はかかるかもしれませんが、構ってもらえないことに気づけば、困った行動が減ることにつながります。
それでも治らない場合には、お子さんの楽しみであるおやつやゲームの時間を減らすなどの罰を与えることも考えていきます。叱り方で大切なことは、叱る立場にある人が徹底することです。お子さんがかわいそうだから、と甘やかしてしまったり許してしまってはいけません。

最後に

ここまで発達障害を持つお子さんへの褒め方、叱り方を考えてきました。
お子さんの発達障害の特徴を理解し、特徴に合った褒め方や叱り方をすることは、発達障害をもったお子さんが落ち着いて生活出来ることにつながります。
またお子さんに伝わるような褒め方、叱り方をすることで、お子さんと心が通じるようになり、叱る立場である親御さんのイライラやストレスが軽減されることにもつながるかと思われます。ぜひ試してみてくださいね。

もしお困りのことがあれば、お気軽にあすなろまでご連絡ください。

あすなろのサポート体制

あすなろは発達障害のお子さんを持ったご家庭の力になりたいと考えています。
各種サポートをご用意をしておりますのでぜひご一読下さい。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ