受験の壁を乗り越えよう

2016年10月21日  発達障害
tearai_womanこんにちは。勉強方法研究チームの花木です。

朝晩がぐんと冷えるようになりました。
今年もインフルエンザが11月頃から流行しそうだという話も耳にします。
流行に備えて、あすなろの社内では予防接種が義務付けられています。
皆さんも、うがい手洗いを基本に対策をしっかりしてくださいね。

今日は発達障害のお子さんの受験勉強にはどんな環境が必要なのか考えていきたいと思います。

発達障害のお子さんの受験勉強

最近では、学校の1クラスに1人の割合で発達障害のお子さんがいることを知っていますか。
発達障害にはさまざまな症状がありますが、実際に専門の病院を受診して発達障害と診断を受けているケースはごくわずかです。

school_chakuseki

発達障害特有の症状が、学校生活を送る上でも障害になる例はいくつもあります。
友だちとのケンカが多くてクラスに馴染めなかったり、気をつけていても忘れ物がなくならなかったりと、いくら注意してもなかなか解決できない問題が多いのが特徴です。
そのな中でもいちばん目立ちやすくて分かりやすい症状、それが勉強に関するものです。

得意な教科はほんのわずかな時間で成果を上げられるのに比べて、苦手な教科はめっぽう苦手です。
先生や親御さんがお子さんにいくら勉強しなさいと言っても、どんなお子さんでもすぐに勉強に取りかかるわけではありません。
 
しかし、発達障害のお子さんの場合は単純に取り組まないだけの問題ではないのです。
苦手なものには全く興味が持てないため、まず勉強に取り組もうとすることができません。
親御さんが無理矢理机に向かわせたとしても、集中することができずにすぐに他のことを始めてしまいます。この症状は年齢が低いほど顕著にあらわれます。
ただ、小学生のお子さんにはありがちな行動なので見過ごしてしまうことも多いです。

そんな発達障害を持ったお子さんにとって大きな壁になるのが受験です。

 

受験勉強を工夫して乗り切ろう

高校受験や大学受験など人によってぶつかる壁は違っても、受験勉強で背負う苦労は人一倍どころものではありません。
本人の努力とは別に周囲のサポートが必要になってきます。
得意な教科は本人が思うように勉強すれば、それだけでも目標を達成することができるでしょう。

問題は苦手の教科の克服です。
勉強のやり方よりもまず大切なのが、勉強するための環境を親が整えてあげることです。
発達障害のお子さんを苦手なことに集中させるには、完全に他のことに意識が向かない状態を作ることが必要です。

tv_girl_chikaku例えば、視界にテレビが入るだけでもダメです。
「あの番組が、気になるな。あの人が出てたな。そういえばあの人はあの番組にも出てたな...」と、発達障害のひとつの特徴である連鎖的な思考回路が止まらなくなり、他のことに注意が向いてしまうのです。
いっそのこと子供部屋以外に受験勉強のために専用のスペースを設けるというのもお勧めです。

学校以外での学習については、発達障害のお子さんの場合、塾よりも家庭教師の方が効率よく勉強できます。集団の中では分からないことをいったん後回しにしたり、勉強以外のことで悩みを抱えてしまうケースも少なくないからです。
家庭教師の先生に任せきりにはせず、できるなら学校の先生と連絡を取り合いながら気を配ってあげると良いでしょう。
 
最後に、勉強の障害になってくることが多いのが家庭環境です。
家庭内の人間関係は発達障害のお子さんのメンタルを芯から揺るがす大きな原因となります。
家の中の雰囲気づくりは母親の大切な仕事です。
お子さんが集中しているときには静かに見守り、疲れているときには和やかにリラックスできるような空気を作ってあげましょう。

発達障害の影響で勉強がうまくいかなくても、お子さんの個性を尊重した勉強方法を実践すれば、受験を乗り切ることは不可能なことではありません。
「障害」ではありますが、それを個性と捉えるとできることが増えてきます。
お子さんからの要望を一口にわがままと決め付けるのではなく、一人ひとりに合った柔軟な対応で受験を乗り切りましょう。

あすなろのサポート体制

あすなろは発達障害のお子さんを持ったご家庭の力になりたいと考えています。
各種サポートをご用意をしておりますのでぜひご一読下さい。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    01_1006087

    こうくん(中3)
    ご利用プラン:週1回120分プラン

    勉強って楽しいんだな!先生と一緒に高校受験を頑張りたいって思えるようになった!
    母:塾に行っていたんですけど、2対1でも全然成績が上がらなかったし、先生からも...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中3)
    ご利用プラン:週1回120分プラン

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
3351

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ19年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ