もしもお子さんが不登校になってしまったら…

2017年1月11日  不登校
kagamiwari_mochiこんにちは。勉強方法研究チームの花木です。
本日1月11日は「鏡開きの日」とされています。
地域によって違ったり、土日祝日の関係で異なることもありますが、一般的に1月11日が鏡開きの日とされているそうです。
そもそも鏡開きとは、お正月に神様、仏様に供えていた鏡餅を下げ、それを食べるという風習で、
神様に供えた食べ物には力が備わると考えられ、神様や仏様に感謝しながらそれを食べることによって、無病息災を祈願するという意味合いがあるそうです。

本日は、もしもお子さんが不登校になってしまった時、親御さんにできることを考えていきたいと思います。

不登校の苦しみと原因

hikikomori_toukoukyohi不登校のお子さんはみな、苦しんでいます。
苦しんでいるように見えなくても、心の奥底ではどうしてよいかわからず、苦しんでいます。
不登校になる原因はたくさんあります。
お子さんの性格や能力・親御さんとの関わり方・担任教師との相性・友達関係・成績・学校の環境など、お子さんによって不登校になる理由は異なります。
また、不登校になる要因は必ずしも一つではなく、色々なことが重なって不登校になることが、一般的に多いです。
原因を突き止めて一つ一つ排除していけば、もしかしたら不登校は改善するかもしれません。

しかし、担任教師や友人のように学校での環境や対人関係が大きな原因である場合には、一人のために周りのみんなが変わってくれることを期待するのは、現実的には難しいでしょう。
理不尽な環境が原因でお子さんが不登校になったのなら納得いかない部分もあるかもしれませんが、まず、親御さんがお子さんにどんな支援ができるのか、お子さんに明るい未来を取り戻す支援法を考えてみましょう。

環境を変えてみる

環境が原因で不登校になったことが明らかならば、環境を変えてみるのも一つの手です。
例えば、砂漠に住む動物が北極で生き延びるのが難しいように、環境との相性も重要です。
しかし、不登校が長期化するとお子さんの心理的ダメージが大変大きくなるため、転校することも難しくなります。
転校するタイミングは、よく見極める必要があります。

環境を変えず、周りに相談する

環境を変えない場合はまず、たくさんの相談先を確保することです。
不登校のお子さんは自信もなく、罪悪感もあり、でも登校することもできない、どうしてよいか分からないという心理状態に陥っています。
周りが自分のために協力しあう姿勢を感じることは、お子さんにとって大きな自信につながり、不登校問題の解決の大きなキーポイントとなります。
では、どのような相談先があるのでしょうか。

「学校関係者」

最初に、所属する学校の担任、学年主任、部活の顧問、養護教諭など、普段からお子さんとの関わりが大きい先生に相談してみましょう。
多くの情報を共有することで、実行可能な具体的な支援策が見つかるかもしれません。

しかしここで問題なのは、不登校のお子さんの親御さんは、学校の職員に対して好意的な感情を持つことが難しい場合が多いことです。
なかには「子供が不登校で迷惑をかけて申し訳ない」と罪悪感を抱いたり、「学校がもっときちんと対処していたら」と先生に怒りを感じるケースもあるでしょう。
しかし、ここで親御さんと先生がきちんと信頼関係を築いてお子さんに対処することが大切です。

「スクールカウンセラー」

現在、非常勤のスクールカウンセラーが勤務している学校が増えています。
お子さんとの面談や電話相談を設定してもらうことができれば、お子さんに対しては心理療法を用いて立ち直る道筋を整えてくれます。
また、親御さんが相談すれば、専門的知識を生かした助言をもらえます。

「心療内科などの医療機関」

心療内科に相談してみるのもよいでしょう。
医師が臨床心理士の資格を持っていたり、臨床心理士もいる病院では、心理療法・絵画療法・箱庭療法など、色々な療法を試してもらえる場合があります。
また、不登校のお子さんの多くは学校にいけない自分に落ち込み、不眠・腹痛・昼夜逆転などの身体症状に悩まされ、うつ状態に陥るお子さんも少なくありません。
うつ状態の改善、心理的原因による腹痛を防ぐ漢方、入眠剤などのお薬を処方してもらえる場合もあります。
しかし、思春期のお子さんの治療にはお薬はなるべく使わないほうがよいので、「思春期外来」の看板を出している、詳しい病院にかかるのが安心です。

「地域の教育機関、民間のフリースクール」

地域の不登校支援の教育機関や、民間のフリースクールを利用してみるのもよいでしょう。
同じ立場のお子さんたちとは心が通じ合い、明るさを取り戻して状況の改善につながる場合があります。

一番大事なことは…

一番大事なのは、家族全員が不登校のお子さんに温かく接することです。
「不登校でも愛しているよ」とご家族からの気持ちが十分に伝わると、お子さんは安心して、緩やかに未来に向けて歩き出せるようになります。

あすなろのサポート体制

あすなろは不登校のお子さんを持ったご家庭の力になりたいと考えています。
各種サポートをご用意をしておりますのでぜひご一読下さい。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ