お子さんの将来のためにできること

2017年1月24日  発達障害
snow_carこんにちは。勉強方法研究チームの古賀です。
最近寒い日が続きますね。雪が降るとお子さんは喜んだりするかもしれませんが、
親御さんとしては、雪かきや車の運転が困難になったりなど、何かと気苦労が増えてしまうようにも感じます。
加えて、風邪やインフルエンザも流行っておりますので、お身体にはお気をつけください。

さて本日は、発達障害を持つお子さんの将来のためにできることを考えていきたいと思います。

発達障害のサイン

発達障害を持つお子さんは、幼児期にあるサイン(症状)が表れます。
じっとしていられなかったり、ずっと叫び続けたり、自閉症に近い症状です。
ここまで症状が重くなくとも、ある特定の科目だけ極端に苦手であったり、年上と話をすることはできても同年齢の子と話をするのは苦手なお子さんなど、これらも軽度の発達障害といわれます。
軽度とはいっても将来、人付き合いや就職の面で苦労する原因となる可能性があります。
小さい頃に上記の症状が表れたら早期に医療機関に診てもらいましょう。
小児科・精神科・脳神経外科等が担当してる場合が多いです。
発達障害は、脳の障害である可能性が高いので、予防しようと思ってできるものではありません。
薬物療法で緩和はできますが、完治とまではいきません。
この先の人生をお子さん本人にとって、トラブルなく過ごせるように、道を示してあげるのが親御さんとしての役割なのではないでしょうか。

発達障害に対する社会支援

現在は、発達障害を持つお子さん用の学校や施設も整備されてきており、その学校で進学を目指して勉強したり、同じ発達障害を持つお子さん達と一緒に成長することができます。
また、お子さん本人に合う仕事も見つけてもらうこともできます。
これらの施設は公的機関だけでなく民間でも受託している所が増えてきており、更なる成長と発展が見込めると期待されています。
受け入れ先の企業側も、自分らしさを発揮しやすい業務を割り与えてくれたりと、企業側の理解も促進されてきております。

社会生活のための治療法

上記に述べてきたような整備がされてきてはおりますが、親御さんとしては、通常の学校を卒業させて通常の社会生活をおくってほしいと望まれる方も多いと思います。

そこで、時間はかかりますが、現在、効果が確認されている治療法があります。
薬の服用と併せて、「心理的社会療法」を行うという治療法です。

心理的社会療法

jikosyoukai_boyこれは学校・会社・家庭等で社会生活を送るための生活技術や人とのコミニュケーション技術を身につけたり、維持・回復させるための方法です。
この治療法は発達障害を持つお子さん本人だけでなく、ご家族に対しても行われるものです。
複合的に治療を行い、治療の効果を高めることが可能です。
加えて、定期的に通院し、日々の治療を継続することで、普段の生活で苦手としてきたことが改善されてきたと本人が気づいたら、治療は成功していると言えるでしょう。
自分に自信もついてくるでしょうから、学校や職場での社会生活も円滑に進むのではないでしょうか。このタイミングで一旦治療を継続するか中断するか判断を行います。
しばらく様子を見て、周囲の人間関係もうまくいっているようでしたら、治療は終了となります。

発達障害の治療は根気が必要です。
冒頭に述べたように、ここまでうまくいっても完治とはいえないのです。
再発する可能性もあります。
本人の気づきも大切ですが、周囲が常に見守って上げることが大切です。

人間関係の改善法

最後に、発達障害を持つお子さん本人やご家族の方が、心配していることに人間関係が挙げられると思います。
治療前や治療中に関わらず、人間関係改善に役立つ方法があります。
まず失言が多い場合は、「一度その発言を行うか10秒程考えてから発言する」や、「発言以外の仕草」も見直してみると、周囲の状況も一変してきます。
また、スケジュールが立てられない人は、余裕をもった行動ができるように工夫したり、決まった場所に決まったメモ帳等を置き、常に書き留めるクセをつけると、仕事能率も上がります。
一度に全て改善しようとせず、一つか二つ選んでみて時間をかけて改善を試みるのがポイントです。
発達障害は、ご家族・学校・職場・医療機関が連携し協力し合うことが大切です。
周囲の人たちが協力し合うことで、お子さんにとってよりよい環境をつくることができます。

あすなろのサポート体制

あすなろは発達障害のお子さんを持ったご家庭の力になりたいと考えています。
各種サポートをご用意をしておりますのでぜひご一読下さい。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ