早期発見とサポートで学習障害の負担を軽減

2017年2月11日  発達障害
calender_takujouこんにちは。勉強方法研究チームの金田です。
本日2月11日は、建国記念日です。祝日ですが土曜日です。
今年は例年に比べると、祝日と土日が被ることが多いため例年より休日が減少してしまうようです。
ですので、旅行や休日の計画は早めが肝心です。

さて本日は、学習障害の負担を軽減するためのサポート方法について考えていきたいと思います。

学習障害の定義は?

学習障害(通称「LD=Leaning Disabilities」)の定義として文部科学省では、「基本的には全般的な知識発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。」とされています。
学習障害は中枢神経系に何らかの機能障害があることが原因だと推定されていますが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるわけではありません。

知的発達そのものに遅れがあるわけではなく、例えば「国語の勉強はよくできるのに、算数の勉強になるとまったく理解できない」「会話はできるのに、音読になると極端に読むスピードが落ち、内容も理解することができない」など、ある特定分野のみ極端に困難を示す状態が学習障害です。

早期発見とサポートで負担を軽減

kateikyoushi_woman_boyご自身のお子さんが学習障害ではないかと疑われる場合は、一度、医療機関で受診することをおすすめします。
医療機関では、知力を測るために、児童向けウェクスラー式知能検査や、田中ビネー知能検査などの知力検査が行われます。
この検査で学習障害の可能性が高いと判断された場合、PRSという検査を行います。
PRSでは聴覚からの理解力、記憶力、話し言葉における表現力、さらには社会的行動の能力などを一つずつ診断していきます。
どの分野に対しての学習障害があるのかを確定診断できます。

学習障害は早期発見、周りのサポートによって負担を軽減することが可能です。
一番身近にいる保護者の方が日頃より、お子さんのことをよく見て、学習に困難が生じていないか見つけてあげることが大切です。
もし、学習障害が疑われる場合にはためらわず、少しでも早く専門機関で診断を受けるようにしてあげてください。
専門家から的確なアドバイスをもらうことで、適切なサポートをしてあげることが可能となるでしょう。

では、具体的なサポートの方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

具体的なサポート方法

「話すこと」が苦手…

「話すこと」が苦手なお子さんには、話す言葉に大人が言葉を補充してあげましょう。
その時に、お子さんが話した言葉を否定したり、正したりするのではなく、あくまでお子さんの話したい内容に沿って、言葉を補うことがポイントです。
お子さんにストレスを与えないように工夫しましょう。

「聞くこと」が苦手…

「聞くこと」が苦手なお子さんには、聞こえやすいように、近くで話してあげることが大切です。
さらに、説明をするときに絵や写真を使うなどして視覚的に訴えることも有効です。

「読むこと」が苦手…

「読むこと」が苦手なお子さんには、お子さんが興味を持ちそうな本を用意してあげましょう。
お子さんの関心の有無が重要となるので、必ずしも国語の教科書で行う必要はありません。
本を読むときは、読んでいる行に定規を当てたり、読んでいない行は紙で隠すなど、読みやすい工夫をしてあげるといいでしょう。

「書くこと」が苦手…

「書くこと」が苦手なお子さんには、できるだけ大きなマス目のノートや方眼紙を用意してあげましょう。
最初は間違ってもいいので、とにかく書かせることです。
まっすぐに書けなくても怒る必要はありません。その子のペースに合わせて書く練習をしていきましょう。

「計算」が苦手…

「計算」が苦手なお子さんには、数字の概念を正しく教える必要があります。
わかりやすい絵やグラフなどを使用して教えてあげるといいでしょう。
九九ができない場合は、表を見ながら反復練習をしていくの有効です。

具体的なサポート方法を説明しましたが、必ずしもすべてのお子さんに当てはまるわけではないので、様々な方法を試してみましょう。

できなくても決してお子さんを責めたり、怒ったりしないでください。
忍耐強く、地道に続けていきましょう。
決して焦る必要はありません。
また、もし保護者の方が、感情的になってお子さんに怒ってしまったとしても、ご自身を責めず、身近な人に相談するなど、ため込まないようにしてくださいね。

あすなろのサポート体制

あすなろは学習障害のお子さんを持ったご家庭の力になりたいと考えています。
各種サポートをご用意をしておりますのでぜひご一読下さい。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ