珍しい障害ではない?ADHD

発達障害

2014年4月9日

勉強方法研究チーム東海林です。

すっかり桜も散り始めていますが、毎日の陽気に浮かれています。

さて、全国の学校では入学式も終わり新学期が始まっているところですね。

お子さんが今年から新しい学校・クラスということでドキドキしている親御さんも多いのではないでしょうか。

特に小学校への入学ということになると、お子さんにとって初めての「集団生活」という方も多いかも知れません。

注意欠陥多動性障害と言われるADHDは、家族の中で過ごしているだけではなかなかわかりづらく、集団生活の中で初めて顕在化していくようです。

ただ、実際にADHDと診断された際、親はどう受け止めるべきなのでしょうか。

「薬を使って治療をしたほうがいいのだろうか・・・」

「将来に心配は無いのだろうか・・・」

日本では医学的な見地からADHDの子どもの割合を調べた研究(疫学的研究)がないので、どれくらいの割合でADHDという障害が起こるのか、正確なところはわかっていませんが、文部科学省による実態調査では、通常学級に通う子どもの役2.5%、1クラスに1〜2人いることになります。

つまり、それほど珍しいものではないのです。

このことをどう受け止めるべきかは、お子さんとご家族によって違ってくるとは思いますが、思い切って言い切ってしまうなら、「病気」として捉えるものではなく「(良くも悪くも)個性」として捉えることもできるのではないでしょうか。

問題はどのようなフォローを学校と家庭で行っていけるか。

障害であるという認識は持ちつつもとりたてて特別扱いせず、あまり思い悩まずに関わっていくことが大切なんだと思います。

ADHDのお子さんに多く有る特徴はしっかり認識しつつ、周囲のサポートや理解を求めていくことは重要です。

ただ、結局は普通の子育てと同じように「その子」自身を見て、「どういう子なのか」「何をするのが向いているのか」ということに注目していくこと。

無理に「普通の子ども」に当てはめることなく、「うちの子はうちの子だから」と胸を張ってもいいのではないでしょうか。

何より、「普通の子ども」なんてどこにも存在しないのですから。

また、実践的な方法としては、学校でお子さんが上手く溶け込めなかったら習い事であったり、地域のコミュニティであったりを利用する手もあります。

ADHDのお子さんに限ったことではありませんが、「自分の居場所」を多く持ち、安心感を得ることができるのはとても大切なことです。

気持ちが追い込まれたりする、いざというときに「学校じゃなくてもいいんだから」と思えることで、逆に学校でも上手く過ごせたりします。

もっと言ってしまえば、「学校なんて行かなくても勉強する方法はいくらでもある」くらいの気持ちだと楽になれるのかもしれません。

あまりに「普通の子ども」を目指しすぎるあまり、息苦しい生活を送るのは悲しいことだと思ったりもします。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ