ADHD ひとまとめにしないで!意外と知らない種類と特徴を紹介

発達障害

最近自転車が大破しました。勉強方法研究チームの永井です。

すっかり夏らしくなり、そろそろ蝉も鳴きだしそうな今日このごろ。いかがお過ごしですか?

最近「うちの子発達障害かも……」といった内容でよく問い合わせをいただくのですが、”発達障害の種類”については知らない方が多いように感じています。

そこで今回は、発達障害の種類と、その中でもよく耳にする「ADHD」の特徴についてご紹介していきます!

friends_schoolgirls

発達障害にはこれだけあるのです

一言に発達障害と言っても、いくつかの種類があります。ご存知でしたか?

最近はテレビの報道番組で取り上げられるなど、メディアへの露出も増えてきたのですが、親族が発達障害を抱えていたり、直接的な関わりがなければ知る機会も少ないかと思います。

発達障害の種類は以下の通り、この3つに分けられると言われています。

  • 広汎性発達障害
  • 学習障害(LD)
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)

さて、今回はこの注意欠陥多動性障害(以後ADHD)について紹介していくのですが、一体どのようなものなのでしょうか?

ADHDってなんだろう

ADHDはAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略称です。ADHDの中にも種類があり、多動性・衝動性優勢型不注意優勢型(ADD)混合型の3つがあります。

最近出てきた障害というイメージがあるかもしれませんが、症状を見て「落ち着きがない子」「変わってる子」と思われていただけで、ADHD自体はかなり昔からあったと言われています。

ADHDが国内で認知されてきたのは本当に最近です。「注意欠陥多動性障害」という名称にいたっては使用されだしたのが2008年頃で、まだ7年しか経っていません。

では、ADHDにどのような特徴があるのでしょうか?一緒に見ていきましょう!

ADHDの特徴

これからADHDの持つ特徴を紹介しますが、中には「自分とあてはまっている」ものもあるかもしれません。自分や周りの人のことを思い浮かべながら読んでみて下さい!

不注意優勢型の場合

不注意優勢型の場合、以下のような特徴があります。

  • 忘れ物が多く、物をなくしやすい
  • 気が散りやすく、集中力が続かない
  • 興味があるものには集中しすぎてしまい、切り替えが難しい
  • ボーっとしていて、話を聞いていないように見える
  • 行動が他の子よりワンテンポ遅れる
  • 字が乱れる
  • 不器用(縄跳びなどが苦手)
  • 片付けられない
  • あまり目立たない(ADHD であることに気づかれにくい)

症状・特徴は?|うちの子になにが?|親と子のためのADHD情報サイトより引用

学生時代を思い出してみてください。雰囲気がおっとりしていたり、所謂「天然」と言われていた子の特徴と一致しませんか?もしかしたら、不注意優勢型の人が居たかもしれませんね。

多動性・衝動性優勢型の場合

多動性・衝動性優勢型の場合、以下のような特徴があります。

  • 落ち着きがなく、授業中立ち歩く
  • 体を動かすことがやめられない
  • 衝動性が抑えられず、ささいなことで手を出してしまったり、大声を出したりする
  • 乱暴な子、反抗的、という目で見られやすい

症状・特徴は?|うちの子になにが?|親と子のためのADHD情報サイトより引用

授業中に勝手に騒いだりとか、すぐ手が出ちゃう子って居ましたよね。小学校の時に同じクラスだったガキ大将的友達がいたのですが、今考えると「もしかしたらそうだったのか……?」って感じがします。

混合型の場合

混合型の場合、以下のような特徴があります。

  • 不注意と、多動性・衝動性の両方の特徴をもつ
  • 忘れ物が多く、物をなくしやすい
  • 落ち着きがなく、じっとしていられない
  • 衝動が抑えられず、順番が守れなかったり、ルールが守れなかったりする
  • 不注意、多動性、衝動性のあらわれ方の度合いは人によって違う

症状・特徴は?|うちの子になにが?|親と子のためのADHD情報サイトより引用

混合型は上記で紹介した通り、不注意と多動性・衝動性の2つの特徴を併せ持っています。ADHDと診断された場合、割合的にこの混合型と多動性・衝動性優勢型が大部分を占めています。

まとめ

いかがですか?自分や周りの人にあてはまる条件がいくつかあったのではないでしょうか。1つずつ条件を見ていくと、誰にでもあてはまる条件が本当に多いです。

発達障害は「目に見えない障害」です。自分が発達障害だと気がつかずに、「生きづらさ」を感じている人は多くいることでしょう。発達障害の診断には時間がかる場合があり、熟練の医師でも判断が難しいこともあります。

目に見えない障害だからこそ、たくさんの人たちに認知される必要があるのではないでしょうか。もし、お子さんが「発達障害かもしれない」と思われる場合は、一度診断を受けたほうが良いかもしれませんね。

あすなろでも相談を受け付けているので、「医者はちょっと……」という親御さんや、そうでない親御さんもお気軽にご相談くださいね。

あすなろのサポート体制

あすなろは発達障害のお子さんを持ったご家庭の力になりたいと考えています。
各種サポートをご用意をしておりますので、お気軽にご相談ください。また、ブログで定期的に発達障害の情報を発信しています。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ