学習障害(LD)ってご存じですか?発達障害の種類を紹介!

発達障害

study_night_boy

厳寒の候というだけあって、連日冷え込みますね。勉強方法研究チームの永井です。

さて、みなさんはADHDの種類について書いたこの記事を覚えていますか?

今回はこの記事の続編になります。

それでは、発達障害にはどのような種類があるか、おさらいを兼ねてもう一度見てみましょう。

発達障害の種類はこれだけあります

mark_question

前回の記事でもご紹介しましたが、発達障害はこの3つに分けられます。

  • 広汎性発達障害
  • 学習障害(LD)
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)

前回は注意欠陥多動性障害(以下ADHD)についてご紹介しました。

ADHDについては、テレビやネット上のニュースなどで見聞きしている人が多いかと思います。

今回ご紹介するのは、学習障害(以後LD)についてです。

一言に発達障害といっても、現れる症状は違いがあります。

LDにとは一体どのようなものなんでしょうか?

学習障害(LD)ってなんだろう

figure_question

LDはLearning Disabilityの略称で、他の発達障害と同じく、気がつかれにくい障害です。

学習障害は1999年に旧文部省により、「学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算するまたは推論する能力のうち特定のものの修得と使用に著しい困難を示すさまざまな状態を指すものである。

学習障害は、その原因として中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や環境的な要因が直接の原因となるものではない」と定義付けられています。

【学習障害とは】LDの分類と特徴より引用

このように書く・読む・計算するなど、学習に関わることが上手くできない障害です。

また症状によって呼称が変わり、それらをまとめてLDと呼びます。

では、それぞれにどのような特徴があるのでしょうか?

学習障害(LD)の特徴

ディスレクシア(読字障害または識字障害)

学習障害の一つにディスレクシア(読字障害)があります。
文字を読む能力に障害があり、よく似た文字が理解できなかったり、文章を読んでいるとどこを読んでいるのかわからなくなってしまったり、字を読むと頭痛がしてくる、逆さに読んでしまう、読んでも内容が理解できないなどの症状があります。

【学習障害とは】LDの分類と特徴より引用

このような症状の他にも霞んで見えたり、左右反対に見えたり、渦を巻くように歪んで見える人も居ます。

暗記で使うような半透明の下敷き(カラーフィルター)を通して見ることで、人によっては症状が和らぎ、読みやすくなることがあります。

ディスグラフィア(書字障害)

学習障害の文字を書くことに困難を示す症状です。
黒板の文字を書き写すのが難しかったり、鏡字を書いてしまったり、作文が書けない、読点が理解できないなどの症状があります。

【学習障害とは】LDの分類と特徴より引用

書くことが苦手なディスグラフィアですが、大きな枡目の引いてある紙を使うことで、書きやすくなる人も居ます。読むことはできますが、文字を書くことも覚えることも苦手なため、テストなども口頭で行うという配慮が必要です。

読むことができるため、書けないのは本人の努力不足だと誤解を受けやすいです。

ディスカリキュア(算数障害)

数字や記号を理解・認識できない、簡単な計算が出来ない(指を使わなければできない)、繰り上がりや繰り下がりが理解できない、数の大小の理解が困難などの症状があります。

【学習障害とは】LDの分類と特徴より引用

このディスカリキュアについては知名度も低く、研究も進んでいませんが、算数以外の科目については、問題なく勉強することが出来ます。

こちらも気がつかれにくい症状のため、発覚するまでは「算数が苦手なだけ」と、周りから思われていることが多いです。

さいごに

いかがでしたか?この記事を見て、初めて知った人も多いのではないでしょうか。

発達障害というと、ADHDやアスペルガー症候群などを思い浮かべることが多いかと思います。

今回ご紹介した学習障害(LD)は、読字障害(識字障害)の知名度は高いものの、他の2つについてはまだまだ知らない人が多いです。また、この3つは併発することもあり、書字障害で鏡文字を書いてしまうというのは読字障害(識字障害)と関係があります。

あすなろではそういった症状に対応した指導ができるよう、「発達障害コミュニケーション指導者」という資格を持ったスタッフが在籍しております。

もし、発達障害のことでお悩みでしたら、すぐ下にある無料体験授業のお申し込みから、お気軽にお問い合わせください。

あすなろのサポート体制

あすなろは学習障害のお子さんを持ったご家庭の力になりたいと考えています。各種サポートをご用意をしておりますのでぜひご一読下さい。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ