見逃さないための、学習障害チェック方法

発達障害

shiwasu_obousanこんにちは。勉強方法研究チームの花木です。

12月がやってきましたね。一年があっという間です。
年の初めに「今年はやるぞ!」と掲げた目標はどうでしょうか。
このひと月でどこまでやれるか、頑張ってみるのも良いかもしれませんね。

今日は、お子さんが学習障害かもしれないと思った時にどうするべきかを考えてみます。

「もしかしたら」を放置しないで

学習障害とは、発達障害の一つです。
知的発達の遅れがないにも関わらず、聞く、話す、読む、書く、計算すると言った能力のうち、特定のものの習得が非常に困難だという状態を言います。
障害がある能力以外は、正常かむしろ優秀であるということが多く、この特徴ゆえに症状を見逃しやすく、診断が難しい障害となっています。
学習障害にはいろいろな種類があり、大きく分けると読字障害、書字障害、算数障害となります。

読字障害

読字障害は一番多くみられる症状で、別名をディスレクシアと言います。
読む能力に障害があるため連鎖的に書くことにも困難を生じることが多く、読み書き障害とも言われたりします。
具体的にどんな症状かというと、よく似た文字が理解できなかったり、文章を読んでいるうちにどこを読んでいるのか分からなくなってしまう、飛ばし読みや適当読みをしてしまうというものです。
文字の見え方にも特徴があり、文字がぼやけて見えたり、黒い塊になって見えたりと、本来の文字とは違う認知をしている場合があるのです。
この読字障害は、耳から入ってくる情報に関しては理解しやすい傾向があります。

書字障害

書く能力に困難がある障害を書字障害と呼び、別名をディスグラフィアと言います。
文字が読めるにも関わらず書けない場合はこの書字障害に当たります。書字障害の場合、文字を書いていると鏡文字になったり、雰囲気で勝手な字を書いてしまう症状が多く見られます。黒板や書き取りも苦手で、書き写せなかったり非常に時間がかかったりします。

算数障害

数字や数式に困難がある障害は、算数障害、別名をディスカリキュリアと言います。
算数の学習を始めてから発見されるケースがほとんどです。基本的な数字や、計算記号を認識するのが苦手な他、数字そのものの概念や規則性が理解できず、数の大小が分からなかったり、繰り上がりや繰り下がりができないといった症状があります。
考えてたどり着く推論を行うのも苦手です。視覚認知の機能が弱い場合が多く、数字を揃えてかけなかったり、筆算していると桁がずれるといったことがよく起こります。
 

jugyou_wakaranai学習障害は、小学校に入って勉強を始めてから発見されることが多い障害です。しかし困難があるもの以外は問題なく行えるので、「本人のやる気の問題である」「単なる得意不得意」といった誤解を受けやすい障害です。周囲の無理解は本人のやる気を減退させるだけではなく、いじめにつながったり、本人を精神的に追い込んでしまう可能性もあります。
これを防ぐためには、周囲が気付いてあげることが大切です。また、早めに気付くことで適切なサポートを受けられるようになり、本人や家族の負担軽減につながります。

学習障害かもしれないと思ったら

もし、お子さんが学習障害かもしれないと思ったら、読む、書く、計算する、それぞれの領域ごとのチェック法があるので確認してみましょう。

「読む」領域のチェックポイント
読むのが極端に遅かったり、スムーズに読めないと言った点です。
同じところを何度も繰り返したり、逆に単語や文を飛ばして読んでいないか、内容を正しく理解できているかをチェックします。
「書く」領域のチェックポイント
書いた字が読みにくくはないか、正しい書き順で書けているかといった点です。
文字だけではなく、文章を書くことができるか、句読点の抜けや誤字脱字などはどうかといったことも確認しましょう。漢字の細かい部分を間違って書くこともよく見られます。
「算数」の領域のチェックポイント
数が数えられるかどうか、計算式が理解できているかなどを見るようにします。
繰り上がりや繰り下がりが理解できなかったり、図形が書けないなども、計算障害によく見られる特徴です。

一つの領域に当てはまるものが多くあれば、一度学校や専門機関に相談するのがおすすめです。

あすなろのサポート体制

あすなろは学習障害のお子さんを持ったご家庭の力になりたいと考えています。
各種サポートをご用意をしておりますのでぜひご一読下さい。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • クーリングオフはできますか?

    はい、できます。お申し込みをされた契約書面を受領した日を含む10日間は、無条件でクーリングオフすることができます。(クーリングオフ期間は法定期間の8日間よりも自主的に2日延長し、10日間とさせていただいています。)

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ