ADHDの特徴と向き合い方

発達障害

2017年2月1日

setsubun_ehomaki3こんにちは。勉強方法研究チームの矢嶋です。
本日は2月1日。早いもので新年を迎えてからもう1ヶ月が経ちました。
個人的にはお正月がついこの間のことのように思えます。
2月というと節分がありますが、今年の恵方の方角は「北北西」だそうです。
恵方巻きを食べるときは、北北西を向いて食べましょう。

さて本日は、ADHDの特徴と向き合い方について考えていきたいと思います。

ADHDの特徴

ADHD(注意欠陥多動性障害)という言葉をメディアなどで耳にするようになりましたね。
ADHDの特徴として、不注意(集中できない、聞いていない、飽きっぽい、忘れ物が多い)・多動性(じっとしていられない、しゃべり過ぎる、理解できる指示をされても従わない)・衝動性(順番、ルールが守れず妨害することもある)があります。
一般的に症状が現れるのは7歳以前で、はっきりとした原因はわかっておりません。
衝動が抑えられないといった障害を抱えていますが、知的障害が無いことも特徴の1つです。
高い知能を持った人も多く、勉強法を工夫すれば大学に進学したりその人の能力を活かした仕事に就くことも可能です。
判明した場合、お子さんとどのように向き合っていけばよいのでしょうか。

ADHDとの向き合い方

「褒めて伸ばす」

kosodate_nadenade_boyまず、よく褒めてあげることが大切です。
これまで障害の特徴から叱られる行動をとることの多い彼ら、彼女らなので自信を無くしがちなことも多いです。
良いところを褒めることで自信を持たせてあげてください。
また、集中力が無いと思われがちですが自分の好きなことに対しては大きな集中力を発揮する場合が多いです。
そのお子さんの好きなこと得意なことに気付き、褒めながらそれをサポートすることで隠れていた才能が花開くでしょう。
その後の人生にとっても大きな武器となるはずなので、興味を持ったことに集中して取り組めるよう環境を整えてあげてください。
その時に、ルールなど守るべきことはしっかりと教えることも大切です。
大人になった時に、いくら才能があってもあまりにも衝動を抑えられなければその人の良いところがくすんでしまうからです。
幼い頃からどのシーンでどのような行動をとるのが正しいかをその都度意識させ、学ばせることで時間がかかったとしても少しずつ身について行きます。
ですから、同じことを繰り返しても根気強く関わることが大切です。

「家庭と学校の協力」

家と学校など複数のコミュニティで連携すると、その人に合ったアプローチの仕方や成長したところが見えやすいのではないかと思います。
お子さん本人に、自分がどのような場面で注意されやすいか気付いて貰う面でも、家庭と学校の協力は大きな力になります。
学校では周囲のお子さん達にわざと問題行動をしているのではないということを伝え、誤解を招かないよう教師に間を取り持ってもらうこともあるでしょう。
保護者へ説明する場を設けることで、親御さんからお子さんに説明してくれることもあると思います。
また、障害を持たないお子さんに比べると予定の変更に弱い傾向にあるので、お子さん本人が見通しをつけて行動しやすいようにスケジュール調整することも必要です。
不意打ちなど、驚かせるようなことは不安な気持ちにさせてしまうので極力避けましょう。

「薬について」

激しい衝動を抑えるための薬もありますがメリット、デメリットがあるので本当に必要かどうかは医師に相談すると良いと思います。
障害自体を改善する薬ではないので、普段の関わりや環境を整えることでお子さん本人の成長を支援することが必要不可欠となります。

「大人になってから…」

有名人でカミングアウトしている人も複数人いるADHDは、知能に問題が無いため気付かれず大人になってから診断される人も沢山います。
子どもの頃から多動などの症状に悩まされていたのに、周囲から単なる個性だと思われてしまったためです。
身近にいる周りの大人がいち早くお子さんの辛さに気付いて寄り添い、正しい診断を受けることでお子さんが大人になってから困らないよう支援することが出来ます。
早ければ早いほどお子さんにとって最良の学習法を取り入れることが出来るので迷ったらまず相談、診察を受けることをお勧めします。

周りのサポートが大切です

次第で成長の幅が大きく広がるADHD。
お子さん本人に自分の苦手なこと得意なことをまずは意識して貰い、苦手な部分をカバーしながら得意なところを伸ばせるよう、親御さんや周りの大人がサポートをして行きましょう。

あすなろのサポート体制

あすなろは学習障害のお子さんを持ったご家庭の力になりたいと考えています。
各種サポートをご用意をしておりますのでぜひご一読下さい。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ