これさえ知っておけば大丈夫!?夏休み明けにお子さんが不登校になったときの対応と勉強方法とは

不登校

kousha_summer
長かった夏休みが間もなく明けますね。
実は、1年の中でもこの夏休み明け直後がもっとも不登校が増える時期であり、私たち「家庭教師のあすなろ」への相談の電話も目立ちます。
お子さんの生活の様子や表情に、気がかりなことがあるという親御さんの声も聞かれます。
今回はお子さんが不登校になった場合の対応と、学校に行けない間の勉強方法についてお話します。

お子さんが不登校になったときの対応について

学校に行きたくない理由を聞き、学校を休むことを肯定する

不登校になったお子さんには、誰しも「学校に行きたくない理由」が存在します。
しかし、学校に行きたくない理由をはっきりと自分の言葉で表現できるお子さんはあまり多くありません。また、「言いたくない」という場合もあります。
まずはお子さんが落ち着いて話せる機会を作り、理由を聞かせてくれるのであれば、じっくりと聞きましょう。
話してくれない場合は無理に聞き出さず、学校を休むことを肯定し、安心させてあげてください。
そして理由が学校生活にあるのであれば、親御さんから学校に連絡を取り、速やかに対応を進めましょう。学校生活に原因がある場合、早期に対応したほうが事態の改善が早かったという事例が多いのです。

不登校の理由を探るときに気を付けたいこと

不登校のお子さんの中には、「なぜ自分が学校へ行けないのかわからない」というお子さんも多いです。
実はこのケースに多いのが、お子さんが「息切れ」「電池切れ」になってしまっている状態。
学校生活では、毎日色々なことが起こります。
通学、授業、塾、部活、受験、友人関係、試験、自分でもコントロールできない感情の変化など、大人が思っている以上に、日々たくさんのことに対処しているのです。
そうした事柄に、頑張って頑張って対処し続けるうちに疲弊してしまい、エネルギー切れを起こしてしまうのです。
このようなケースでは、お子さんから具体的な「学校へ行けない理由」を聞き出すことは難しいです。
その場合でも、本人が「学校へ行くべきだとは思うけれど、行けなくて辛い」という状態なら、その状態を認めて休ませてあげることが大切です。

克服までのステップを見守る

不登校のお子さんは、多くの場合以下の4つの経過をたどります。

  • 逃避期(落ち込んでいく時期)
  • 苦悶期(動けなくなる時期)
  • 休息期(自分と向き合い、力をたくわえる時期)
  • 回復期(気持ちや心が積極的に外に向く)

たいていの不登校のお子さんは、これらのステップを踏んで状況が改善していきます。
不登校が始まったばかりのころは、学校に行かせたいがために言い争いになったり、引きずってでも学校へ行かせようとしてしまうことが少なくありません。
親御さんは「このままずっと学校に行けなかったらどうしよう」と、不安な気持ちや焦る気持ちがどんどん湧いてくるでしょう。
実はお子さんも同じような不安を抱えながら、それでも学校へ行けない状態に苦しんでいます。
この状態のお子さんには、心身の十分な休息が必要です。
つい口出しや手出しをしたくなりますが、聞ける範囲で話を聞いて必要な対処を進めつつ、お子さんのことは見守る気持ちで接してあげてください。

進路などについては、お子さんと「相談」してみる

counselor
見守る気持ちで…とは言っても、学校へ行けない間にも授業はどんどん進んでいきます。受験が迫っている場合もあるでしょう。
「授業に遅れちゃうから、勉強しなさい!」「受験があるんだから、テストだけは受けなさい!」と言いたくなる気持ちもわかります。
しかし、「~しなさい」と言われたところで、学校へ行けない状態のお子さんから返ってくる言葉は「そんなことわかってるよ!」という言葉か、耳を塞いでしまうかでしょう。
不登校のお子さんは、「~しなければ」と頭ではわかっていても、何から手を付けてよいか分からず憤りを抱えているケースがほとんどです。
もし、お子さんと会話ができる状態なのであれば、「勉強、どうしようか?」「進路、本当はどうしたい?」など、相談する形でお子さんの気持ちを聞いてみてください。
その中で、塾や家庭教師、地域によってはフリースクール、テストは保健室受験をするなど、お子さんが学校や教室へ行かなくても勉強できる環境があることを、前向きに伝えてあげると良いでしょう。

学校に行けない間の勉強方法について

学校に行かないことは決してうしろめたいことではありませんが、勉強が遅れてしまうことは本人の精神的にも辛いものです。
しばらく勉強から離れてしまうと、せっかく今までの勉強で得た内容を忘れてしまいますし、それを思い出すのも一苦労。今後再登校したくなったときに、学習の遅れが障害になることも多々あります。
そうなってしまう前に、お子さんに合った何かしらの学習方法へ切り替える提案をしましょう。
学習方法の例としては、以下の方法があります。

塾へ行く

生活リズムが整っており外出が億劫でない場合や、塾仲間や先生との関係に問題がない場合には良い方法です。
カリキュラムが整っており、共に学ぶ仲間がいるのが、学習塾の強みです。
すでに通っている学習塾があるのであればコマ数を増やしてみたり、教科を増やしてみるのも良いと思います。
ただ、学習塾は完全個別塾よりも集団塾の方が圧倒的に多い傾向にあります。
学習塾の指導方法が「学校で習ってきた知識+塾での学習」だった場合、不登校のお子さんにとっては「学校で習ってきた知識」が抜けてしまうので、集団授業で1人だけ理解が遅くなってしまいがちです。
その場合、学習塾によっては状況を理解し個別に時間を取ってくださる先生もいらっしゃいますので、先生と相談した上で今後の方針を決めてみてください。

家庭教師をつける

お子さんの性格によっては、家庭教師の方が向いている場合もあります。
私たち「家庭教師のあすなろ」は不登校のお子さんへの家庭教師紹介も行なっているほか、「引きこもり支援相談士」や不登校・引きこもり専門のスタッフが在籍し、不登校のご家庭のサポートにあたっています。
(参考ページ:不登校・引きこもりのお子さんに向けて
家庭教師の場合、学習塾よりも時間の融通が効きやすく、そしてなによりお子さんに合わせた進度で学習できることが最大の強みです。
不登校のお子さんによくみられる、生活リズムの乱れや対人コミュニケーションへの不安感があっても、「夕方の時間帯にいつも同じ先生が、家まで来てくれる」状態なら抵抗が少なかったという声もあります。
もしこれまでの勉強で忘れてしまっている部分や、学校へ行けずに抜けてしまった単元があったとしても、遠慮なく質問できて戻り学習に対応してもらえるのも、家庭教師の利点でしょう。
また、家庭教師とお子さんの年齢が近いということで、気軽に悩み相談ができたり、「こんな先生みたいになりたいな」「大学って、楽しそうだな」と、お子さんが前向きな将来像を描く助けになることもあります。

フリースクールなどを検討してみる

フリースクールや適応指導教室など、学校以外で勉強のできる環境を用意している場もあります。
だたし、中には再登校が前提の指導を行っているところや、施設や団体の方針がお子さんに合わないケースもあります。見学をさせてもらうなど、しっかりと様子を見たうえで入学を検討しましょう。
方針がピッタリ合えば、似たような悩みの仲間たちと理解しあえたり、適切な学習方法を提案してもらえ、前向きな生活の手助けとなってくれます。
なお、一般的にフリースクールは有料のため、月間平均3万円程度かかると言われています。この点についても、お子さんと親御さんのあいだできちんと話し合ってみる必要があります。

まとめ

soudanshi
お子さんが不登校になった場合の対応と勉強方法はいかがでしたか?
「まさかうちの子が不登校なんて」「何とか学校に行かせなきゃ」と焦ってしまう気持ちは、ほとんどの親御さんが抱えています。
しかし昨今では、平成28年に「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」が公布されるなど、学校以外での教育機会を認める世の中になりつつあります。
「学校に行けない」ということを思い詰めることなく、今のお子さんに合った生活や学習方法を、お子さんと一緒に検討してみてください。
親御さんだけではお子さんに適切なアドバイスができそうにない場合は、私たち「家庭教師のあすなろ」にご相談いただければと思います。
「家庭教師のあすなろ」では、弊社在籍の「引きこもり支援相談士」や不登校・引きこもり専門スタッフが、お子さん一人ひとりの状況に合わせたサポートをしています。(詳しいサポート内容などはこちらから
家庭教師をやる・やらないにかかわらず、まずは無料体験申し込み窓口(お電話・メール)よりお問い合わせください。私たちが力になれることがあるかもしれません。

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

  • 体験授業を受けてみたいけど、しつこく勧誘されないか心配です・・・

    ご安心ください。体験授業を通じて、お子さまへ勉強のやり方をアドバイスさせていただいおります。今の勉強方法との比較や、やる気をつくるキッカケとして体験授業をお役立てください。無理な勧誘は一切ないことをお約束します。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ