テスト本番よりも返却後が肝心?!復習の効果と具体的なやり方

勉強方法

テスト返却後の復習…何をしたらいいの?

テストを返却される生徒のイラスト

テスト返却の際に先生から「よく復習しておくように」と言われた経験はありませんか?
しかし実際にはテストの復習と言われて具体的に何をしていいかイメージがわかないお子さんがほとんどです。
中には正解を書き写すだけで復習を終わらせる子も少なくありません。
私たち家庭教師のあすなろにも、「復習のやり方がわからない」「復習をする習慣がない」というご相談は数多く寄せられています。
「とりあえず間違ったところを埋めておけばいいや」と、やり直すこと自体が目的になっている状態では、理解を深めたり知識を定着させることができません。
ここでは、とくに定期テストの復習について、何を目標にし、具体的にどのような作業をすべきなのかを考えてみます。

テスト中の「わからない」経験が、知識の定着に活きる

なぜテスト本番よりも返却後が肝心なのか?その理由の一つは知識の定着にあります。
定期テストを受験していた時の自分を思い出してください。
そこには一生懸命正解を求めて取り組む自分の姿があると思います。
テスト時の「集中している状態で生じた疑問」の特徴は、ただ漠然とわからないのではなく、どこがわからないのかも含めて自分の理解できない部分が鮮明に記憶に残ることにあります。
そのためテスト本番でわからなかった問題の疑問を解決することは、「わかった」や「なるほど」と思える、大きな知的興奮が得られるものなのです。
テスト返却後にできなかった問題のことを思い出し復習することは、「学習を定着させるために最も有効な方法」であることを覚えておきましょう。

復習の目標を意識する

次に復習とは何を目標にするのかについて見てみます。
実は高校入試問題の殆どは、学校で学ぶ「入試基礎」とも呼ばれる問題に基づいて作成されています。
そのため定期テスト対策は、入試に向けて自分の引出の中身を増やすという意味も持っています。
定期テスト対策で一回解いた問題を全て確実に解けるようにしておけば、入試問題を解くことがとてもラクになります。
従って定期テスト対策で学んだ解法を、復習を通じて知識として確実に定着させ、実力の底上げをすることが復習の目標です。

復習の実際:英語と数学を中心に

<復習の中心になるのはやはり英語と数学です。
ここでは英語と数学を中心に復習の具体的なやり方を紹介していきます。

英語

英語の復習については「音読」がとても効率的です。
テストの問題を音読しながら解いていくのです。
間違った問題については、なぜ間違ったのかを理解し、スペルミスや意味がわからなかった単熟語等、自分が重要だと感じたポイントを書き出していくことで知識の定着を図ります。
これによって自分が思い違いをしていたことや理解が足りなかった部分がはっきりとします。
その後さらに音読を繰り返していく中で、「ここは間違う恐れがあるな」と考え、二度とミスをしない緻密さを身につけていくのです。
音読は回数をこなせばこなすほど知識の定着度が増していきます。
また音読は英文を読むスピードを飛躍的に向上させます。
是非声に出して、飽きるほど英文を音読してみてください。英語に対する見方が変わると思います。

数学

数学は英語と異なり、紙に書いて知識を増やしていく教科です。
テストの復習は間違った問題を解けるようにし、何ヶ月経った後でもその問題が解けるような知識として定着させることを目標にします。
復習の際、自分が間違った問題を目の前にすると、今度やればいいやとずるずる引き延ばしてしまいがちです。
このような場合は、解説を書き写すことから始めます。
しかしただ書き写すだけでは知識は増えません。
考えながら書き写すのです。
例えば問題を解こうとしても筆が全く進まなければ、まず解説の1行目を書き写します。
これがヒントになりその先を自力で解いていけるのであれば、もう解説を写す必要はありません。
少しずつ自分にヒントを与えながら問題を解いていく姿勢が大切です。
ただしヒントを見ながら最後まで解いた問題は、一回復習しただけではすぐ解き方を忘れてしまいます。
間隔を空けて3回から4回程度解き直すことで忘れない知識になっていきます。

復習で大切なこと

復習で最も大切なことは反復を通じて知識を定着させていくことにあります。
英語や数学以外の教科も同様で、考えながら何回問題を解き直すことが出来たかで知識の定着度が決まります。
一度見ただけで覚えられないからと言って、「自分は暗記が苦手である」と思ってはいけません。
自分にとっての課題は何かをはっきりさせ、しつこく繰り返す姿勢が大切であることを覚えていてください。

なお、私たち「家庭教師のあすなろ」では、反復を通じて知識の定着を効率的に行うための学習法「あすなろ式ラクラク定着法」を教えています。
無理なく続けられる・習慣をつけられるような工夫を凝らした勉強法なので、これまで予習復習の習慣がなかったお子さんにはぜひ試してもらいたい勉強法です。(詳しくは無料体験授業申し込み窓口(お電話・メール)から、ご相談も承っております。)

「ダメだった」だけで終わらせてはいけない

test_print_happy_schoolboy

定期テストの点数を見てすぐ「自分はダメだ」と口に出すお子さんさんがよくいます。
これではただの自己否定で自分が良くなるために何をしなくてはいけないのかを考える方向へ意識が向きません。
また、何も言わずに答案をしまい込んでしまうお子さんはさらに要注意です。
「うまくいかなかった・ダメだった」事実とも向き合えず、悩みを一人で抱えたまま苦しんでいる場合がとても多いです。
ですから保護者の方も自分の子どもが定期テストであまりいい点が取れなかった時には、まずはテストまでの課程を認め、うまくいかなかったという気持ちや困っている気持ちに共感してあげましょう。
そして、「本当はどういう姿を目指したいか」「そのためにはどんな取り組みをしたらいいか」を一緒に考えてみてください。
お子さんの意識が、自分を変えるために具体的に何をしたら良いのかを考える方向へ導いてあげることで、テストの結果と向き合うことができるようになっていきます。

まとめ

テスト返却後の復習の効果と具体的なやり方いかがでしたでしょうか?
私たち「家庭教師のあすなろ」では、お子さんひとりひとりに合わせた勉強のやり方や、予習復習の習慣づけに重点を置いた指導を行なっています。
今回紹介したように、お子さんのやる気アップのためにご家庭でできる取り組みはたくさんあります。
しかし、保護者さまの力だけでは解決できないことがあるのも事実です。
私たちの無料体験授業は、お子さんが勉強に向かう姿勢を変える「きっかけ」作りを大切にしています!
「子どもと勉強のことについて考えるきっかけがほしい」と思っている保護者さまは、まずは家庭教師をやる・やらないにかかわらず、無料体験授業申し込み窓口(お電話・メール)からお申込みください。
相談だけでも構いません。まずはお気軽に、はじめの一歩を踏み出してみましょう!

あすなろの評判・口コミ

  • 成績アップMVP賞

    IMG_0049補正

    りょうすけくん(中学2年生)
    ご利用プラン:週1回90分

    苦手な数学で49点アップ!勉強が好きになりました!
    父:塾に比べて一対一なので、わからない所を集中的に教えてくださるのではないか...…続きを読む
  • 成績アップMVP賞

    1507741282542補正

    しおんちゃん(中学3年生)
    ご利用プラン:週1回120分

    頼りになる先生のおかげで成績UPしました!
    しおんちゃん:勉強がキライで、勉強しているのに成績があがりませんでした。 も...…続きを読む

よくあるご質問

  • クーリングオフはできますか?

    はい、できます。お申し込みをされた契約書面を受領した日を含む10日間は、無条件でクーリングオフすることができます。(クーリングオフ期間は法定期間の8日間よりも自主的に2日延長し、10日間とさせていただいています。)

  • 悩みが漠然としてるんだけど、相談できるの?

    はい、大丈夫です。お子さんの成績のこと、苦手科目・得意科目、高校受験についてや今の勉強方法についてなど、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。(無料相談窓口:0120-52-3229 午前9時-午後10時/土日祝も受付)

  • 体験授業を受ける前に、準備が必要なものはありますか?

    特に必要なものはありません。お子さまが使っている学校の教科書、定期テストの結果、成績表などをご用意しておいていただけると、現在の勉強に対する姿勢や「どこでつまずいているのか」をしっかり把握できますので、お子さまにとってより最適なアドバイスをさせていただくことができます。

「家庭教師は初めて」という方へ

あすなろでは、初めて家庭教師を検討している方にも安心していただけるよう、細かな疑問・質問にもわかりやすくお答えしております。どうぞお気軽にお電話ください。

もしも他のところと迷われたら一番にお電話ください
フリーコール 0120-52-3229
私たちあすなろができる最高のサービスを提供することをお約束します。

お子さんにぴったりの勉強のやり方を、120分で大発見!!

おかげさまで20

2017年
体験人数
4,045

本当に成果が出る勉強のやり方を試してみませんか?

お子さんの勉強のことでお悩みの保護者さま!そのお悩み、あすなろにお聞かせください。
あすなろ20年の実績にかけて、「これなら頑張れる!」「勉強っておもしろいかも!」と思える勉強のやり方をご提案します。

無料体験授業のお申し込み、お見積りやご相談はこちら

0120−52−3229 受付時間 / 午前10時〜午後10時 土日祝日も受付しております。

メールフォームからのお申し込みはこちら

入力は3分! 体験授業申し込みフォームへ